塗装

チョーキング現象とは

塗料に含まれている顔料が、外壁の表面にチョークの粉のようになって出てきてしまうことを指します。 外壁の塗装表面にある表層樹脂が、熱や紫外線、風雨などによって劣化してしまうことによって発生する現象で、壁を触ると手に粉が付着します。時には服が擦れただけでも、衣類に粉が付いてしまう時も。。
この現象が起きてしまっているときには既に塗料が外壁を守る役目を果たしていない状態となります。。

塗装時期チェック

☑ 築10年以上又は前回の塗装から10年以上経過をしている
☑ 外壁にクラック(ひび割れ)がある
☑ 藻やコケがひどい
☑ 触ると白い粉がつく(チョーキング現象)
上記項目で当てはまるものがありましたら、塗り替えの検討時期です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です