塗装

お客様のお家を守るために!

お客様のお家を守るために!

今回はサイディングを塗装する前に確認をしておく注意点のお話を致します。

外壁の劣化やコーキングの劣化などの外壁診断を専門業者にしてもらいお家の状態を知っておくことが必要と思われます。

今から10年前、20年前は期待耐久年数約10年の外壁塗料やコーキング材がよく使われていました。

今現在では材料メーカの技術も日々進化しており外壁塗料やコーキング材なども期待耐久年数約15年、20年、30年と耐久性が良い材料が増えています。

外壁診断により耐候性、耐久性の良い商品を専門業者に選んでもらいましょう。

今回の写真ではコーキングの打ち替え、外壁はクリヤー塗装を施工中の物です。

コーキング材 オート化学
オートンイクシード
期待耐久年数約30年

外壁塗料 日本ペイント
UVプロテクト4Fクリヤー(フッソ)
期待耐久年数約15年~

今回が(1回目のメンテナンス)だとすれば(2回目のメンテナンス)は15年後!次回のメンテナンスのときには外壁塗装だけでコーキングの施工は不要になります。(3回目のメンテナンス)のときにまたコーキング施工をする必要があります。

外壁材にも耐久年数があります。

30年、40年経過しているサイディングは、サイディング自体が太陽光の熱などにより反りや歪みが発生している場合もあります。状態によっては外壁診断をしてサイディングの張り替えをおススメする場合もあります。まずは、診断してもらい、塗装をするか、張り替えをするか検討されると良いと思います。

30年のサイクルでお客様の大切なお家を塗装の技術でお守りしていくことがまずは大切なポイントではないでしょうか?

私たちネクストホームは、安心していただける提案をこれからも心がけていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です